お知らせ

今回のシンポジウムのテーマは、「動物園をデザインする」といたしました。

このテーマには、実は、ふたつの意味があると考えています。1つは、工学的なデザイン、すなわち動物園の敷地や建物、展示施設をどのように計画し、活用するかという意味です。もう1つは、動物園全体のいかにプランニングするかという意味です。こちらは展示動物の生態・習性を考慮した動物愛護・福祉の視点です。これは同時に「種の保存」への配慮、そして「環境教育」といった視点からも重要な問題です。

我が国の動物園のデザインは、これまでどういった点に力を注いできたか。そこにはどういった課題・反省があるか。海外の動物園とはどう違うのか。今後将来、動物園はどうデザインされるべきか。こういった問題について、学問研究の立場から、実際に動物園を設計する立場から、そしてこれまで我が国の動物園マネジメントを最先端でけん引してきたオピニオンリーダーの方々にご登壇いただき、熱い議論を交わしていただきます。

どうぞ奮ってご参加のほどお願い申し上げます。


スケジュール


特定非営利活動法人国立動物園をつくる会主催 第11回 シンポジウム

場所:東京農業大学(世田谷キャンパス)233教室(1号館=講義棟)
http://www.nodai.ac.jp/campus/map/setagaya/

日時:2018年6月30日13:00~17:00

参加費:無料

テーマ『動物園をデザインする』

13:00 開会あいさつ
    特定非営利活動法人 代表理事
    北海道大学客員教授 小菅正夫

第1部 基調講演(各40分)
13:10 「こどもたちと動物園(仮)」
    宮崎大学名誉教授 森田哲夫
13:50 「野生動物の展示設計とエモーショナルシェア」
    株式会社とんざこ設計室 代表 松崎淳
14:30 「動物園をデザインする」
    到津の森公園園長 岩野俊郎

15:10 休憩

第2部 話題提供
15:20 小菅正夫
15:30 成島 悦雄((公社)日本動物園水族館協会専務理事・日本獣医生命科学大学客員教授)
15:40 村田浩一(日本大学特任教授)

第3部 全体討論(15:50~)
    司会・進行:諸坂佐利(神奈川大学准教授)

17:00 閉会

※内容、時間が変更になる場合がございますのでご了承ください。
シンポジウムへの参加の申込・お問い合わせはメールフォームにてお願いいたします。


申し込みはこちら >>